専門技術で徹底的にハクビシン駆除をしてくれる業者

南京虫の害

南京虫

強烈なかゆみの犯人

害虫にはさまざまな種類がありますが、中でも非常に古くから知られているのが南京虫です。南京虫は正式名称をトコジラミという、カメムシ目の昆虫です。体長は5〜7mm程度で、世界各地に分布しています。南京虫は動物の血液のみを栄養源とするという特徴を持っています。そのため、人間にとっては非常に厄介な虫だと言えます。病原菌を媒介するなどの事例は報告されていませんが、刺されると強いかゆみをおぼえます。南京虫の卵はとても小さく、肉眼では見つけることが困難です。また、成虫も暗くて狭いところを好むため、生息場所を見つけて自力で駆除を行うのは簡単なことではありません。専門の駆除業者に依頼すれば、本格的な南京虫駆除対策を講じてもらえます。

家のあらゆる場所にひそむ

南京虫は家具と壁のすき間・畳の継ぎ目・寝具・額縁の裏などさまざまな場所に潜伏します。また、卵は衣服や荷物に付着するため、知らないうちに伝播します。こうしたことから、南京虫駆除には非常に粘り強い対策が求められます。家庭内のありとあらゆる場所を疑う必要があります。南京虫駆除対策としてもっとも手軽なのは、殺虫剤を使用することです。南京虫駆除用の薬剤は、スプレータイプのものがホームセンターなどで簡単に手に入ります。ただし、最近は薬に対する耐性を身につけた種も出現しており、効果が上がらないケースもあります。より効果が高いとして人気があるのが、残留タイプの殺虫剤です。これは業務用のものが中心となるため、散布する際は専門業者に依頼するのが得策です。専門業者であれば、スチームクリーナーを使った加熱駆除なども行っています。