専門技術で徹底的にハクビシン駆除をしてくれる業者

野生動物対策

アライグマ

アライグマの駆除を行なう場合、追い出しの方法をとるほうが楽に作業が進められます。安全性も高く、より現実的な方法です。アライグマの駆除は専門サービスが行っており、様々な方法でスマートな駆除作業を進めていきます。難しい捕獲も、依頼出来ることがあります。

Read More..

プロのトコジラミ対策

家

トコジラミは寝具などに住みつく寄生虫で、噛まれてしまう害があります。近年ではこのトコジラミによる被害が急増中で、徹底した駆除が求められるようになりました。このようなトコジラミ駆除には専門の作業が適しており、プロが隅々まで駆除していくので被害も大きく抑えられます。

Read More..

駆除の方法

はくびしん

自分で駆除

ハクビシンは日本に生息する害獣の一種で、額から鼻にかけて白い線があるのが特徴です。ハクビシンのもたらす被害は主に、住居に侵入して騒音をたてたり、糞尿の悪臭、さらに、農作物や家畜・ペットにたいする被害などです。ハクビシン駆除を自分で行う場合、やるべき事は2つあります。1つは棲み着いたハクビシンを捕獲器などを使って捕獲し、駆除すること、もう1つは忌避剤や金網を使用して侵入経路を塞ぐことです。また、実際に捕獲器を使ってハクビシンを捕獲器する前に、自治体に申請を出さなければなりません。 ハクビシン鳥獣保護法の対象内なので、自治体から許可がなければ捕獲できないのです。専門の業者にハクビシン駆除をお願いする事もできますが、費用をかけたくない方にはこの方法がおすすめです。

業者が良い理由

とは言え、やはり素人にできることには限界があります。捕獲器を仕掛けても捕獲できない場合も多々あるのです。そんな時には、やはり害獣駆除の業者にハクビシン駆除をお願いするのが一番確実です。やはり、専門の業者はハクビシン駆除に対する知識や道具も揃っているので、自分で駆除しようとするより早く結果を得る事もできます。農作物や家畜などに被害がでて、早急な駆除が必要な場合には、業者に頼むことをおすすめします。また、駆除の消毒や侵入経路の封鎖も、自分で行うと不完全になってしまうことが多いので、費用を気にしない場合は業者に頼むと良いです。最近では捕獲器などが仕掛け辛い都市部でもハクビシンの被害が多くなっているため、駆除業者も需要が高まっています。

南京虫の害

南京虫

南京虫はまたの名をトコジラミといい、家のさまざまな場所にひそんで人間に被害をもたらす虫です。南京虫駆除は殺虫剤等を用いて自分でも行うことができますが、より効果的な対策を望むなら専門の駆除業者に依頼するのが賢明です。

Read More..